津久井やまゆり園事件

 

やまゆり園事件 その2

やまゆり園事件 その2
 
『草の実 会報』2021年1月号より抜粋
 日中活動支援事業の全職員が一堂に会しての研修会を昨年9月に予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とし、その代替として、職員個々が文献研究にとりくみました。
文献研究の題材は、殺傷事件から4年半が経過し、犯人の死刑が確定した「津久井やまゆり園事件」です。死刑にすることで、この事件を終わらせてはいけない、なぜこの事件が起きたのか、命と人権の問題を考え続けなければなりません。以下、私の報告をお読みください。
 
文献名「相模原障害者殺傷事件―優生思想とヘイトクライム」
立岩真也、杉田俊介 共著(青土社)2017年1月5日第1刷発行
 
立岩は、「もう一つの相模原事件」について述べている。「殺害は、ずっと繰り返され、多くは家庭の中で起こってきた。2004年8月、相模原市でALSの長男(40歳)を母親が殺した。長男の将来を悲観し、人工呼吸を停止させ、殺害したとして、殺人罪に問われた。」「嘱託殺人罪が適用され、懲役3年、執行猶予5年、その後、母親は、精神を病み、2009年10月、死にたいという母親を夫が刺殺する。夫は、自殺を図るが、死ねず自首する。」嘱託殺人罪という判決だったが、事実は異なっていたという。「ALSの長男は、看護師の読み取る文字盤に、呼吸器は、苦しくてもそのままでよいと伝え、最終段階で、呼吸器の取り外しはしないと意思表示した。」
 本人の意思は、ねじまげられ、他人に都合よく判断される。私も本人の意思を身勝手に思い込んで判断しているのではないか。反省や自戒なら誰でもできる。これから具体的にどうするかがわからない。わからないならば、その人とていねいにつきあい続けることしかない。その先に何かわかることがあるかもしれない。
 次に、もう一人の著者、杉田俊介は、「内なる優生思想/ヘイト/ジェノサイド」が今ここにあるものであり、ありうるものである。」と述べている。
ヘイト:憎悪
ジェノサイド:集団殺害、集団抹殺
また、杉田は、述べている「植松青年の言葉に賛同したり、ひそかに共感したりするあなたたちが、どんな人間なのか、僕にはわからない。何らかの共通点があるのかどうか、それもわからない。……老若男女、ありとあらゆる立場の人がいるだろう。」また、「手紙を熟読すれば、一つ言えることがある。それは、青年の精神が、この国をじわじわと侵食してきたヘイト的なものの空気を確実に吸い込んでいる、吸い込んできた、という事実である。…彼の言葉は、ヘイトスピーチ的なものを醸造してきたこの国の『空気』をどう考えても深く吸い込んでおり、その意味でこれはヘイトクライム(差別的な憎悪に基づく犯罪)なのである。…これは、すでにジェノサイドを醸成しつつある空気の問題なのではないか。『障害者を殺せ』は、完全にヘイトデモなどで連呼されたおぞましい『朝鮮人を殺せ』『よい朝鮮人も悪い朝鮮人も殺せ』等の言葉と地続きなのではないか」と。(次号に続く)
 (日中活動支援事業責任者 竹部直子)
 

草の実会会報『草の実』2017年1月号巻頭

草の実会会報『草の実』2017年1月号巻頭
 
新年、明けましておめでとうございます。そして 津久井やまゆり園事件について
 
   昨年の夏、信じられない事件が起こった。 山里の施設で深夜、ぐっすり寝ている人が次々と刺し殺されるという惨劇。19人が死亡し、負傷者は27人に。その施設の全員を殺すために侵入し凶器を振るった。
  今まで経験したことのないショックを受けた。
  大勢の無抵抗の障がい者が殺されたことに。
  障がい者は生きている価値がない、という考えだったことに。
  犯人がその施設の元職員だったことに。
  起こるはずがなく、想像するはずのないことが起こった。
  この事件の直後、障がい者団体等が怒りの声明を出した。亡くなった人たちへの哀悼の意を表した。再発防止を誓った。
  私たち草の実会は、発言を控えてきた。事件の実態が見えないこと、それよりも何をどう整理していったらいいのか見えなかったから。
  事件から5ヶ月が経った。再発防止対策本部や第三者委員会などが、検討・検証の結果を報告している。警戒態勢に不備が、措置入院解除後のフォローが無かった、情報共有が不十分だった、などなど。防犯対策を改善することで、措置入院制度を改善することが再発防止であるとしか考えていない。
  とても違和感がある。今回の事件の核心はそこにはない。
犠牲になった人たちの姿が見えてこない。障がい当事者が何を感じ何を考えているのか誰も取材・報道しない。どうして9人の職員は何もできなかったのか。睡眠剤で眠らされる利用者の人権は守られていたのか。そもそも大勢を集めた『収容施設』だから起こった事件ではないのか。障がい者を支援すべき施設で障がい者の存在それ自体を否定する考えがどうして生まれたのか、そしてどうして公然と予告して実行できたのか。
  事件の直後、犯人の行動を容認する意見がネット上にあふれ、この国の未熟さとおぞましさをまた露わにした。“福祉”の美名とは裏腹に障がい者をはじめ自分とは違う人を区別し、差別し、排除し、殺してしまう社会であることがまた明らかになった。
  そして、その構造は福祉の中にも間違いなくあることも明らかになった。未だに続く虐待、差別、守られない人権、…。社会にある障がい者に対する偏見と差別、あるいは憐れみと同情。これらと闘い、誰もが対等であり自分の人生を自分で生きる権利があること、そんな社会を実現していくこと抜きに福祉があり得ないことも明らかにした。そこに行かずには、プライバシーを理由に名前の公表をためらう家族の心情を解消することもできない。
  昨年11月に東京で『津久井やまゆり園事件を考える全国集会』があった。草の実会も呼びかけ人に加わり参加した。全国の大勢の方と意見を交わし、だれもが安心して生きていける社会の実現に向かいたい。この2月には大阪で集会がある。
  理念を語るだけでなく、その実現のための一歩を踏み出す!
  2017年が明けました!みなさま、よろしくお願いします!
                                                                                                                     2017年1月
                                            統括責任者   手塚  玄
 
   
 
 

11月26日「津久井やまゆり園事件を考える全国集会」会場にて

11月26日「津久井やまゆり園事件を考える全国集会」会場にて
 
 

会報やまゆり園記事データ

会報やまゆり園記事データ
 
2019年3月 ( 2019-05-28 ・ 135KB )
 
2019年1月 ( 2019-05-28 ・ 234KB )
 
2018年10月 ( 2019-05-28 ・ 149KB )
 
2018年7月 ( 2019-05-28 ・ 209KB )
 
2018年3月 ( 2019-05-28 ・ 163KB )
 
2018年1月 ( 2019-05-28 ・ 213KB )
 
2017年9月 ( 2019-05-28 ・ 182KB )
 
2017年6月 ( 2019-05-28 ・ 296KB )
 
2017年3月 ( 2019-05-28 ・ 309KB )
 
2017年1月 ( 2019-05-28 ・ 168KB )
<<社会福祉法人草の実会>> 〒062-0934 北海道札幌市豊平区平岸四条17丁目6-6 TEL:011-817-9080 FAX:011-817-9899